ダイエット効果や認知症改善などで話題のココナッツオイルでうがいをしよう!

ココナッツオイル ダイエット効果 認知症 うがい

 

ココナッツオイル専科担当のまりです。

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

 

料理や、体に塗る以外にも、今、注目されている使用方法があります。

なんと、うがいです。

スポンサードリンク

ココナッツオイル愛用者で有名なミランダ・カーやハリウッドセレブも行っているみたいですよ。

では、どんな効果と、やり方があるのかご紹介します。

 

ココナッツオイルを使ったうがい-効果

オイルプリング

 

「オイルプリング」-これは、ココナッツオイルのような食用油をつかってするうがいのことです。

これには、歯のホワイトニング、歯周病関節炎心臓病・腎臓病の改善という効果があります。

 

次のような理由があります。

 

歯のホワイトニング歯磨き粉を使う場合

ホワイトニング

歯磨き粉に入っている研磨剤で汚れを落としています。

ココナッツオイルは、口に含んだオイルの中に歯の汚れが溶け、汚れを洗い流してくれます。

 

口臭を減らす効果もあるんですよ。

 

歯周病改善や予防誰しもなりうる歯周病。

歯磨きをきちんとしていなかったり、噛み合せに問題があると、歯垢が溜まり、菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、出血するつまり、歯肉炎になります。

ココナッツオイルは殺菌効果もあるので、歯周病に効果的です。

オイルプリングで、歯肉炎が52~60%軽減したというデータもあります。

 

関節炎・心臓病・糖尿病の改善

病気

「うがいなのに体にもいいの?」と不思議ですよね。

口の中には、無数の細菌が存在していて、様々な病気の元になります。

オイルでその細菌を体外に出すと、免疫力は高まり、関節炎・心臓病・糖尿病などの改善へと効果を発揮します。

デトックス効果もあるので、皮膚炎や、ニキビ、湿疹、腰痛、頭痛、高血圧、便秘にも効くんですよ。

 

うがいの方法

うがい

 

  1. スプーン1杯ほど(10㎖~15㎖)を口に入れる
  2. 15分~20分間クチュクチュさせる(飲み込まないように)
  3. オイルを吐き出す

このたった3つのステップですが、20分口に含むのを我慢できるかが、カギですね。

スポンサードリンク

 

うがいの仕方でよくある疑問と答え

質問と答え

どんなココナッツオイルでするの?

答え:食用のココナッツオイルを使用しましょう。

のどの奥まで入れるの

答え:いいえ。口に含む程度で大丈夫です。

いつ行うと良いの?

答え:最低1日1回、できれば、細菌が口に一番溜まっている朝起きてすぐ、食前がおすすめです。

できる方は、一日に数回しても良いですよ。

うがい後、普通の歯磨きはした方が良いの?

答え:した方が良いですが、汚れは溶かしているので、歯磨き粉なしで良いです。

オイルは洗面所に流していいの?

答え:ココナッツオイルは低温で固まるので、流さないで、紙に吸わせたり、ごみ袋に捨てましょう。

▼ ▼ ▼ ▼

ココナッツオイル圧倒的1位

▲ ▲ ▲ ▲

まとめ

ココナッツオイルを使ってうがいすると、ホワイトニング、歯周病・関節炎・心臓病・糖尿病の改善や予防効果があります。

簡単な3ステップを守って、健康な歯、身体を目指しましょう。

スポンサードリンク


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

ココナッツオイル専科では、ココナッツオイルに関する最新の情報を随時更新しております。

もし気に入っていただけましたら、いいねやRTでの拡散をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ